行政書士未来総合法務事務所

今こそ始動!日本で開業するなら当事務所へ!

ホームページ

ホームページをつくろう

法人を設立する上でホームページとメール利用は必要不可欠です。
社会的信用を得るためには「独自ドメイン」の取得をおすすめします。
法人を設立する前に社名が決めるタイミングで検討するとよいでしょう。

ドメインとは?

ドメインとは「ネット上の住所」と例えられます。ホームページのURL「http://」以降や
メールアドレスの「@マーク」以降の文字列のことです。
無料・有料のドメインがありますが、好きな文字列を組み合わせる事ができ、
企業やサービス名を含むドメインの取得が可能です。
法人であれば有料の独自ドメインを取得されるのが一般的です。
「co.jp」などは登記済み法人がひとつのみ取得可能なもので確実に信頼性がアップします。
オリジナルの文字列を利用できるため、会社名やサービス名をアピールし、ブランドの認知向上につながります。

ホームページの必要性昨今日本のインターネット利用者数は1億人を突破し人口の8割を超えています。
現在もなお増加し続けています。
インターネット上にある大量の情報を取捨選択していくことが求められる時代となってきました。
そのため、口コミや広告で会社の存在を知った方が依頼したいと思っても、
実際に注文や取引の判断するにはもっと情報が必要になるため、
多くの方が「まず会社のホームページを見よう」と考えるはずです。
初対面で名刺を交換するようにその会社の情報を短期間で知る方法として定着しているので、
ホームページがないとビジネスチャンスを失う可能性もあります。
SNSとの違いと活用方法ホームページはSNSと違いオープンなメディアのため世界中に情報発信できます。
最近はホームページなしにtwitter、Facabook、インスタグラムなどで情報発信や運営ができますが、
クローズなメディアのため、利用者以外には届きにくい場合があります。
例えばアメブロでは有名人ブログが優遇され、一般人や中小企業のブログにはたどり着くのが難しいのが現状です。
認知されないスタートアップはまず会社のPRのためにホームページをつくり、必要に応じてSNSの自動反映機能を追加し、
複数メディアを上手く活用してハブとなる使い方ができます。
ホームページ制作の方法方法        内容               長所             短所

自分で作る     ・レンタルサーバーを借りる    ・自分で考えて作れる    ・クオリティが低い
・作成ツールなどを使って制作   ・費用が安い        ・時間がかかる

制作会社に依頼する ・WEB制作会社と契約        ・クオリティが高い     ・内容によって相応の費用になる
・手間が省ける

事業主の方へおすすめ!ホームページを作成相談
最適なWEB制作の方法をご紹介します。
お問合せ先 MIRAIUSのメールアドレス