行政書士未来総合法務事務所

今こそ始動!日本で開業するなら当事務所へ!

資金調達

開業にあたっての資金調達方法

事業を始めるにあたって資金集めはとても重要です。
現在の制度上では、資本金1円からでも会社を設立することはできます。
実際は登記など会社の設立関連にかかる費用や事務所賃貸のための保証金、
仕入れにかかる費用など事業を始めるにあたって開業資金が必要になります。
この開業資金のうち、貯金など自らの資金でまかなっている自己資金ではだけでは、
不足する場合、金融機関などの第三者から調達する必要があります。

資金調達方法

 方法    調達先        内容
□自己資金 自分        自らの預貯金、金融資産など
□補助金  国・地方自治体   基本的に返済の必要がないが、後払いのため入金まで時間がかかる
□出資   株主等       株式会社を設立予定であれば、出資してもらった資金を開業の元手とできる。
□融資   政府系金融機関   事業計画書に基づいた審査が必要で、補助金と違って返済しなければならない。
□借入   金融機関等     返済が必要な資金。独自に創業者向けに融資制度が用意している場合もある。

創業時に利用できる融資制度

資金調達手段としては、補助金、助成金、金融機関などからの融資や補助金があります。
創業間もない中小企業には社会的な信用力や実績がありませんので、
金融機関からの借入をすること自体容易ではありません。
そこで創業直後の法人を支援する制度として
日本政策金融公庫や自治体の制度融資があげられます。
このような政策系金融機関においては、国の政策のもと起業を支援する動きがあるため、
融資制度を多く取り揃えています。融資を受ける際に事業計画書等をもって融資の可否を
判断します。

事業計画についてはこちら