行政書士未来総合法務事務所

今こそ始動!日本で開業するなら当事務所へ!

キャッシュフロー表

キャッシュフロー表で黒字倒産を防止

「勘定合って銭足らず」という言葉がありますように、
帳簿では利益が出ているのに、資金繰りが上手くいかず、
結果的に「黒字倒産」してしまいます。

資金繰り表の重要性

ここで重要になってくるのが、「資金繰り表」の作成です。
経営者は常に資金繰りに対して気を配っておく必要があります。
収支を明確にすることで会社の実際にお金の流れを把握することが可能です。

作成するメリット

1か月だけではなく、半年、1年と将来の計画を立てておけば、
支払い直前に「現金がない」などという状況を未然に防ぐことができ、
手元の現金や過不足の原因を把握し経営に役立てることができます。

キャッシュフローのポイント

1 支払いを遅らせる
支払いのタイミングを遅らせれば、手元に現金を残せます。

・クレジットカードを利用し支払いを1か月以上後倒し
・仕入れ先に支払いは遅く、後払いを交渉

2 売上の早期回収
売上を早期回収すれば、手元に資金が残ります。
様々なサービスを活用して入金を早めましょう!

・顧客に対して料金の前払い、値引きして一括払いを促進
・請求書買い取りサービス(ファクタリング)を活用し資金調達
・スマホ決済を導入し入金サイクルを短縮

3 資金調達する 

銀行ローンなどで、資金を調達します。
急な売上拡大で運転資金が必要なとき、
トラブルなどいざという時のため
多めに資金を確保しておく必要があります。

資金調達の方法はこちらへ

資金繰り表から検討すべきこと

□経営が順調で資金に余裕がある場合
→設備投資、事業拡大、借入金の返済などを検討しましょう。

□資金計画が厳しくなる場合
→専門家に相談するなど早めの対策が必要です。
経営状態が悪化してからでは金融機関からの融資は難しくなるので
早めの行動が大切です。